通信大学大学院生活^ - ^

院卒後、管理職になる

2015.9月第2週

9/7

あー院試最終週だ。気分は最低に近いテンション

集中力も限界で続かない〜

Amazonでターゲット1900の英単語帳追加購入〜

結局スーツも通販で購入

9/8
Amazonでターゲット1900の英単語帳追加購入分宅配されていた〜早っ
9/9
通販のスーツは生地がペラペラでこれは若さがないと着こなしが難しい・・・
台風が上陸して大雨で家勉していたが、はかどってんだかなんだんだか、、。
9/10
院単語 ターゲット単語帳
9/11
もう二つ寝たら院試なんて、、、。起きていてもできないから
もう寝ちゃってへんな時間に起きて勉強している、、。
当日の荷物は準備した
9/12
5時50分過ぎに大きな地震があって焦る。
朝イチで美容室。普段より気合を入れて高いトリートメントからスタート
毛先をアイロンでまとめてもらい、明日受験で面接がある(筆記合格者のみ)事を美容師さんに伝えたら「教習所みたいですね〜頑張ってください!!」と。おう!!
美容室から学校現地へ移動し前日の偵察。午後からフードコートの机をふきだした
スーツの学生らしき方が見えて、看板張り始めてああ明日の準備をしてくれているのだなあと嬉しい気持ちになった。
道順に何分かかるかホテルから確認してホテルのカフェでチェックインまでお茶して
単語帳して、その後ルームインしてたらたらスマホみて、ノートも申し訳程度ちらっとみてようやくやらなきゃで単語やり始めたのは、、4時頃から。
9/13
8時30分ぎりぎりまで勉強続けてチェックアウトして会場へゴー
みんなゴーしてる〜
24人エントリーして本日は22人参加。
20代が9割かな。男性が3割くらいいるように見えた。
最後の入室した受験生がドリフみたいな方でもうどうしてよいかわからない
英語はなんとか耐えて、うわーって印象。
致命的なミスはないけれどギリ合格ラインか
ちなみに山は外れた。残念。
なんとか気持ちを切り替えて心理と臨床心理
うーん、心理も一応予定どおりの時間でこなすが、
問題は微妙に傾向をいじってきていて本当に正解の回答ができているか
確信はもてない、、、。あと問題数が多くなっていた。回答は50問とか
まあなんとか持ち堪えたと思う。
臨床心理に来て気持ちを切り替える。って記述だから最初に設問だけ
確認していたけれど、イメージ膨らませて既存の知識を総動員して
3重の入れ子の答えをつくる。もう知っている事全部入れ混ぜて。
結果筆記試験で完成度一番となった。
その後お昼をはさんで2時間程筆記の結果待ちしたが、
本当にこれはきつかった。どんだけ途中でもう帰ってしまおうもうだめだからと
思っていたか。
番号見にいって、自分のがあった時は本当に嬉しくて3度見て、張り出し紙を写メした。
ここから30〜40分 面接の順番待ち。二人ずつ呼ばれて移動して、また新しい人を
呼びに来て。15分前後の間隔。
そういえばここの受験生ってみんなガツガツしていない。すーっとしているなあと思った。
呼ばれて案内されて2分位で面接室へ入室。
名前と受験番号言って、座って教授は二人。ソフトな圧迫だったのかな
話したい事は伝えられた。「自身で色々勉強してきている人なのね」と言ってもらえて
嬉しかった。終了は16時30分。1日長かった〜
先生も運営してくれていた学生も本当に1日大変だっただろうな〜
短い間で採点して、張り出して、何度も呼びに学生を連れに来て。。
ありがとうございました。
総括;やりきったのは記述。ぎりぎり耐えたのは英語。一時合格発表まできつかった。面接ではのびのびできた。
 
途中下車してお茶して読みたかった本一冊読んで、興奮していたから歩いて帰った。
帰宅後院試の教材を整理して、大学の実習教員へメールする資料作成。
社福の国試の資料を整理して短く寝た。